上に戻る

TOP PAGE

広島市西区横川 ヒーリングサロン エステティックサロン 横川駅前 リフレクソロジー 完全個室のプライベートサロン

癒しの森コラム


メールマガジン

登録・解除するメールアドレスをご入力ください


※ドメイン090p.comからメールをお送りします




ヒーリングスパ癒しの森

広島県広島市西区横川2-5
横川駅南口
082-208-1189

※プライベートサロン為、詳しい場所はお電話にてお問い合わせ下さい

営業時間

12:00~21:00
(受付11:00~20:00)

-定休日-
毎週火曜日・第2,4水曜日

リンパドレナージュ

リンパとは...

体には、血液が流れている動脈や静脈と同じように、「リンパ管」という管がくまなく張り巡らされていて、その中を黄色っぽいサラサラした液体が流れています。
これが「リンパ管(リンパ液)」です。

リンパは元々、細胞と細胞の間にある「細胞液(細胞間液、間質液)」で、リンパ液の始まりである毛細リンパ管(末梢リンパ管、起始リンパ管とも)から取り込まれたものです。

毛細リンパ管は、単なる管ではなくいくつかの弁が重なったようになっており、周囲が「繋留フィラメント」と呼ばれる細かい線維で皮下組織に固定されています。




細胞液の増加や筋肉の収縮、その他何らかの刺激でこのフィラメントが引っ張られることによって、管に少し隙間ができ、そこから管内に液が流れ込むのです。

リンパには毛細リンパ管から染み出た各種ミネラルや、タンパク質、脂肪分、白血球成分(免疫細胞)等や、細胞が代謝を行った後の老廃物が含まれます。

これらは毛細リンパ管から次第に太いリンパ管に集められ、リンパ節を経由してリンパ本幹へ向かい、最終的に静脈(鎖骨下静脈)に流れ込みます。




リンパドレナージュについて


MLDとは...
MLDとは「マニュアル・リンパ・ドレナージュ」の略称です。

M:マニュアルは手の動き、手動の、
L:リンパはリンパ液、
D:ドレナージュは排液、排泄。

つまり「リンパ排液の手技」ということです。

オイルやパウダーを使用せず、微妙で繊細な手指と手掌の動きでリンパ組織に働きかける もので、元々はヨーロッパの医療現場で患者の浮腫症状を緩和するために開発された療法です。



リンパドレナージュの歴史
リンパ循環器系は何世紀にも渡り人体の組織の中で最も知られていない部分でした。

しかし、すでに古代ギリシャ古都エピドールの神話伝説の中で、アポロンの神(医学の神)が白い血液の神秘的な力を推測していたことを語っています。

フィロン氏(1世紀の哲学者)の原著の中で、ヘブライ人(古代大国エルサレム)たちは、 リンパ節の重要性と人体防御体系との関わりを知っていたようです。

しかしながら、人体に関する全てのことが明らかになるのは、宗教的な憶測によって判断されていた中世を経て17世紀に入ってからでした。


1652年
デンマークの生理学者トーマス・バルトラン氏はリンパ循環系が組織だっていることを発見しました。しかし、この基礎的発見は不幸にも当時その価値を認められませんでした。


1883年
フランスの偉大な科学者フィリップ・サペイ氏がリンパ循環系の大図鑑を発表しました。


1912年
アレクシ・カレル博士は、生きている組織に及ぼすリンパ液の基本的な役割を示した「細胞の再生」に関する研究で、ノーベル医学賞を受賞。
それはヒナの心臓では、それらの細胞がとめどなく再生され、リンパ液で絶えず再生されているという学説でした。

この根本的な発見は、20年後のフランスの医学博士エミール・ヴォデール氏に「ヒナの細 胞に成り立つのならば人体にも適用できるのではないか」という発想を与えたのでした。

患者を診断中、悩ませているのはリンパ節ではないかと思い、リンパ液の循環を促進させ る治療法として生まれたのがリンパドレナージュでした。 そして、この治療法が認められ、リンパの研究が本格的に始まったのです。


1933年
25年間に渡る科学的研究の成果は、アシスタントであるヴォデール夫人の協力により、北欧式(スウェーデン・デンマーク)の医学マッサージをリンパの施術に変えることにより、手によるリンパドレナージュと呼ばれるメソッドを摘要させ、排泄物を取り除き組織内のリンパ液を再生することに成功したのです。


1936年
パリにおいて「健康と美容の学会」でこのメソッドを発表。
今日では、マッサージのほとんどがリンパの流れに沿って行われるようになり、医療(リンパ性静脈圧、脚のむくみ、下肢のうっ血に適応)や運動療法(スポーツマッサージ、リンパ促進のための手圧、循環系の機能障害、組織の線維症に適応)、美容(リンパ促進のため の手圧、老化防止、セルライトなどに適応)と幅広く活用されています。



リンパ系組織のしくみ
身体内には、内部深くにある深部リンパ系組織と皮膚表面に網羅されている浅部リンパ系 組織があります。

浅部リンパ系組織は、皮膚表面近くにある毛細血管に寄り添うようにあり、「皮下組織へ栄 養を運び、老廃物を排出する」という毛細血管の働きを助けています。

深部リンパ系組織は、身体内深くにあり、リンパ本官と呼ばれる太いリンパ管で構成され、 全身の浅部リンパ組織から集められたリンパ液を大静脈へ流し込む役目を担っています。

これらのリンパ系組織の働きがうまくいかなくなると、細胞へ栄養が行き届かなくなった り、細胞からの老廃物排出がうまくいかなくなり、結果むくみなどの不快症状が生じます。

むくみのほか、肌のたるみやくすみ、吹き出物、肩コリ、セルライト、冷え、便秘、生理 痛、下腹部の肥満など。 これらは、リンパ系の滞りが大きく関わっていると言われています。



MLDは浅部組織に働きかけます
MLDは、この滞りを解消するために皮膚表面の浅部リンパ系組織に働きかけ、流れを促し、 流れを促し、不快症状を改善していきます。

リンパ系の流れが良くなると体内の老廃物が排出されるので、体液が浄化され、肌に透明 感が出てきます。



柔らかいタッチで行う理由
MLDは、柔らかいタッチで皮膚一枚に働きかけるので、圧の強いマッサージがお好みの方 は物足りなさを感じるかもしれません。

しかし、浅部組織はとても繊細なので、筋肉を揉みほぐすような強い圧をかけてしまうと リンパ管を押し潰してしまい、老廃物の吸収やリンパの流れを妨げてしまいます。

このため、筋肉層に届かないような柔らかいタッチで行うことが必要なのです。



リンパ液は「ハチミツ」
リンパ管を流れるリンパ液は「粘性」という性質からしばしば「ハチミツ」に例えられま す。

ハチミツは瓶に入れたまま放置しておくと粘性が増し、瓶を傾けても固まったまま動きに くくなります。

けれど、毎日、瓶を傾けていると流動性が増して動きやすくなります。リンパ液も同様で、滞り状態が続くとますます流れが悪くなりますが、刺激を与え続ける と流動性が増します。

このため、MLDを受ける時、1か月の間に3回受けるのと、10日に3回受けるのとでは効果に差が出ると言われています。

短い期間に続けて受けて頂くと、より効果を実感することが出来ます。



MLDはリラクセーションを促します
MLDは、一定のリズムで身体に働きかけるため、自律神経の鎮静作用があると言われています。

現代人は忙しい毎日の中で自律神経のバランスを崩しがちです。
睡眠に向けて、副交感神経が優位であるはずの夜になっても気が立って眠れない、交感神経が優位になって目覚めるはずの朝、なかなか起きれないなど。

ストレスフルの毎日の中では、特に交感神経が過敏になりやすくなります。
MLDのゆったりしたリズムの中で日常生活から離れた静けさを体験して頂き、心身をリフレッシュ&リラックスして頂くことを願います。



MLDを受けるとどうなるの?
■緊張が強い時や強めのマッサージを受けた後に深く鎮静させる
MLDのリズミカルで優しいタッチは交感神経を鎮め、副交感神経を優位にさせ緊張やストレスを緩和させます。


■小さな怪我、打撲、火傷、その他感染以外での炎症やむくみを鎮める
通常のマッサージでは炎症を起こしている部分に対しては行えない場合がほとんどですが、MLDではむしろ効果的です。リンパの流れだけを促進させるので、例えば血管から組織間への水分の浸出を増大させることなしに、組織間液の中の余分な水分や老廃物や菌、死んだ細胞などのリンパ管への吸収率だけを高めるからです。


■その他多くの日常的な症状に効果的
自然なリンパの流れを促し、健康を維持するのが目的です。
高血圧の場合は血圧を下げ、低血圧気味の方も繰り返しMLDを受けることで正常値近づけていきます。

また・・・疲労の解消 頭痛や痛みの軽減 にきびやオイリー肌、肌のくすみ、たるみ、しわ、むくみ、セリュライトなどの軽減。細胞レベルで身体が浄化されるため、その人本来の美しさを取り戻し健康的になります。

※個人差があります。



MLDをお受け出来ない症状
・がん
・急性感染
・半年以内に血栓を起こしている場合、その患部に対して
・心不全によって浮腫を起こしている場合(心性浮腫)

【ご注意】
ヒーリングスパ癒しの森のマニュアルリンパドレナージュ(MLD)は、体の代謝向上を目的にヘルスケアとしてトリートメントをするものであり、治療をおこなうものではありません。

現在、リンパ浮腫、悪性腫瘍等の方は、医療機関にご相談下さいますようお願い申し上げます。




コースと料金のご案内

MLDフェイシャル/頚部→腹部→フェイス

頚部・腹部のリンパの流れを促してから顔のリンパドレナージュに入ります。
肌のくすみ、 しわ、目元やあごのたるみやむくみを解消し、リフティング効果があると言われています。

老廃物が排出されることにより、肌はよみがえり、丈夫になります。
むくみや疲れ目など にはその場で効果を実感して頂けると思います。

目の奥に蓄積した疲れ、花粉症などの鼻 炎、耳鳴りなどの症状緩和にも役立ちます。
繰り返しの施術で目の下のくま、アレルギー ややけどによる肌のダメージ、ニキビ肌が徐々に改善されていきます。

オイルは使用いたしませんので、お化粧をなさったまま受けられます。
目のまわりを刺激 致しますので、コンタクトレンズをご使用の方ではずした方がいいと思われる方はコンタ クトケースをお持ち下さい。

30分(3,240円)

MLDレッグ/頚部→腹部→足前面→足背面

足のむくみ、冷え、セルライトなどにお悩みの方のための足集中トリートメントです。

そけい部~膝裏~ふくらはぎ~足の甲のリンパの流れを促します。
足のむくみ、冷え体質の改善やセルライトの予防に。

そ頚部や膝裏にある部位を軽く押して痛いと感じるようでしたらリンパの滞りがあると考えられます。その場で足のむくみやだるさが軽減されるのを実感して頂けると思います。

足裏のむくみや冷えが気になる方は、リフレクソロジーを追加して頂きますと、さらに効果的です。

70分(7,560円)

MLDバック/頚部→腹部→頭部→背中

頑固な背中の張り、肩コリ、腰痛にお悩みの方のための背中集中トリートメントです。
臀部~頭部のリンパを促し、筋肉内の疲労物質を排出させます。

自分ではなかなか手の届かない脊柱、肩甲骨、仙骨の周りに至るまで徹底的にトリートメントします。

カラダ全身の疲労回復効果があります。
その場で背中や腰のだるさが軽減されるのを実感して頂けると思います。

繰り返しの施術で筋肉のバランスが良くなり、体の歪みや姿勢が改善されていきます。
深部の筋肉までしっかりと時間をかけてほぐしますので、コリが戻りやすい方にはお勧めのコースです。

120分(12,960円)

MLDバック&レッグ
頚部→腹部→足前面→足背面→頭部→背中

MLDレッグトリートメントとMLDバックトリートメントを組み合わせたコースです。
首、背中のコリや腰のはりは気になるし、脚のむくみ、冷え、だるさも解消したい方にオススメです。
リンパの流れを促し、毒素を排出させます。

160分(17,280円)

MLDスペシャル
頚部→腹部→顔→足前面→足背面→頭部→背中→腕→胸部

MLDバック&レッグトリートメントにさらに腕、手、フェイシャル、胸をプラスしたコースです。
全身と顔のリンパの流れを促します。
肉体的、精神的疲労感や倦怠感の解消、カラダ全身の毒素排出、新陳代謝の改善をお望みの方に。

200分(21,600円)








Copyright(C)hs-iyashi.com