疲れが行動に表れたとき(2)〜ストレスの発散方法がひとつしかない#1

日常生活に支障をきたしてしまうのは、それが習慣化していることも関係しています。

ストレス発散は誰もがやっていることです。

けれども、依存症になる人は”いつも同じ方法で”

発散させていることに原因があります。

カラオケでないとダメ、甘い物の焼け食いだけが自分をストレスから

解放する手段になっているのです。

ひとつしか手段がないのですから、いつも同じことの繰り返し。

その行動自体が習慣となってしまうのです。

実は、この「習慣化」が怖いのです。

その理由を脳のメカニズムから説明しましょう。

脳の中には、正常に働くための脳内神経伝達物質がありますが、

その一方で、私達に快感を起こさせる役割もあります。

たとえば、ストレス発散のためにショッピングをする女性がいるとしましょう。

彼女が思いっきり買い物をしている時、脳の中ではワクワク、ドキドキきぶんになる

ドーパミンという神経伝達物質が出ているので気分はとても高揚します。

このドーパミンは、ストレスによって出てくる不安物質

ノルアドレナリンを打ち消してくれます。

しかし、発散方法が買いたい物だけだと脳の中には耐性ができて、

ドーパミンの感度が鈍くなってしまい、

今までと同じドーパミンの量では満足できなくなります。

バレンタインデーキャンペーン~♪

1年で最も寒い2月がやってきました。

家でアザラシのようにゴロゴロしていませんか?

寒い時だからこそ、リンパの流れを良くしましょう!

あったかな春はもうそこまで来ていますよ♪

さて、ヒーリングスパ癒しの森では、

2/1(水)~2/29(水)の期間、

ホットストーン背面80分 通常9450円→4725円

でご提供させていただきます。

ご予約の際は、必ず「ホームページを見たよ」とお伝えください!

※3日前までの予約に限ります。

疲れが行動に表れた時(1)〜やめたいのにやめられなくなる#4

依存症の人は、自分と他人との区別がはっきりしていないという問題があります。

みんなに好かれ受け入れてもらえなければ、と考えているので、

相手の取るべき責任でも自分が肩代わりしてしまいます。

一緒にいる相手がつまらなさそうだと、自分のせいではないかと不安になります。

つまり、「どこからどこまでが自分なのか」という輪郭があいまいなのです。

ですから、今、自分はどんな気持ちなのか、

何を望んでいるのかわからなくなることがあります。

そして、自分は愉しむものではなく、努力して切り抜けていくものだと思っています。

私は依存症のクライアントに

「何をやっている時が一番楽しいの?」と度々質問します。

ところが、その答えは、「特に、何も」「寝ている時が楽しい」といった感じです。

もしも、本当に自分が何をしたいのかわかっていれば、

その目的に向かって建設的なことをするはずです。

わかっていないから、手当たりしだいにいろんなモノに依存して、

自分を見失ってしまうのです。

あなたは何をしている時が楽しいですか?

好きなことがありますか?

あるなら「依存」どまりです。

ないのでしたら、夢中になれることが、今のあなたに必要で、

「依存症」に陥らないための予防策です。

疲れが行動に表れたとき(1)〜やめたいのにやめられなくなるとき#3

つまり、いい成績をとったら遊園地に連れてあげる、

ピアノのお稽古で先生に褒められたら欲しいおもちゃを買ってあげる、

といった具合に、それができたらお母さんはあなたが好きなのよ、

というご褒美がもらえるわけです。

これでは、子供は目の前ににんじんをぶらさげられて走っている馬と同じです。

そのため子供は、自分は親に認めらる成果をあげないと

愛してもらえないと感じるのです。

これをずっと続けていくと、子供は親の顔色をうかがって生きていくので、

自分の欲求がなおざりになってしまいます。

本当はこんなことはしたくないのに、という気持ちがあっても

幼いうちは気がつきませんから、とにかく親に褒められることをするのです。

このなおざりになった自分の本当の欲求は、ずっと満たされることはなく、

できた空洞は大きな空虚感となり、だんだん痛みを伴うようになってきます。

そのため、悲しまないですむよう、痛みを感じないですみよう、

知らず知らずのうちに何かにのめりこんでしまいます。

たとえば、気分を変えてくれる物質。

高揚感をもたらしてくれる行為。

心を満たしてくれる関係。

これがエスカレートしていくと「依存症」へと転がっていくのです。

つまり、「依存症」は、「自己喪失をベースとした苦しい生き方」なのです。

疲れが行動に表れた時(1)〜やめたいのにやめられなくなる#2

女性は時代の変化と共に社会の中で働くチャンスが与えられるようになりましたが、

それとともに今度は次から次へといろんなことを求められるようになってしまいました。

女性はもともと順応性がありますから、それに応えようと必死になります。

仕事に生きるのなら、もっといい仕事を。

仕事も家庭も両立するなら、どっちも完璧に。

こうなると、どこかで自分のことは後回しになって、目も前のことを処理していくのに

精いっぱいになります。

車はガス欠になれば止まってしまいますが、がむしゃらな女性たちは、

ガソリンが切れたら部品を燃やしてでも走り続けようとします。

気がつくとガソリンタンクは空っぽ。

部品の一部は消耗して、故障寸前。

バッテリーさえも切れかかっています。

充電することを忘れた心には、ぽっかり穴が空いてしまいます。

とりあえずその穴を埋めるため、別のもので手っ取り早く求めるようになるのです。

もうひとつは、親子関係にあります。

心の中に空いた空洞のような満たされない思いは、実は今に始まったことではなく、

子どもの頃からずっとあったものなのです。

真面目で優秀、親を困らせたことがない優等生タイプにありがちなのですが、

母親が強く厳しい存在であるために、親子関係が「ギブアンドテイク」の状態になります。

お年玉キャンペーン~♪

明けましておめでとうございます。

本年も皆さまの美と健康のために、全力で頑張っていきます。

年末年始、お出かけ続きで脚は疲れていませんか?

もしくは、家でゆっくりしすぎて、脚がむくんでいませんか?

寒さで、カラダも縮んでいるのかも知れません。

こんな時は、やっぱりカラダをほぐしてあげた方がラク~ですよね!

1/4(水)~1/30(月)の期間、

スリムフットコースで血行を促進し、

老廃物を押し出して、むくみを解消しましょう~♪

スリムフットコース8400円(60分)→5880円

ご予約の際は、必ず「ホームページを見たよ」とお伝えくださいね。