疲れが行動に表れたとき〜女は服に、男は道具にハマる#2

雄鶏というのは、一晩に60回も交尾できるのですが、

同じ雄鶏とは5回までしかできません。

ところが、別の雄鶏が相手になると、6回目の交尾ができるのです。

これを「オンドリ効果」というのだそうですが、人間の場合はそうはいきません。

女性は相手に何人も浮気されては困りますから、 何とかつなぎ止めなくてはいけません。

なぜなら、人間の場合、1回に受精する卵子も精子も1つきりです。

そのタイミングも月に1回ですし、双子などを除いては、産む子供もひとりですから、

気に入ったパートナーの遺伝子を独占したいと考えるからです。

そこで、相手を引き止めておく作戦として、 自分が身につけるものを変えて

違うメスに見せかけているのです。

「今日のお前はなんかいつもと違うぞ」と思わせたいのです。

オスはメスを誘うために色々力をつけて、メスは変身して、

いつも私を見ていてちょうだい、というわけです。

とはいえ、買い物依存症は病気です。

抜け出すためには”買い物断ち”をするのが一番です。

買い物をしなかった日には、スケジュール帳に

「よくできましたシール」(シールは何でもいいのです)を貼ります。

そうしてシールが溜まったら、ご褒美に買い物を解禁するのです。

とにかく、10日我慢できれば合格!

感度の鈍ったドーパミンは10日もすると元に戻るので、

とりあえず10日もドーパミンを出すのをお休みすれば、

少しのドーパミンでも満足できるようになり、依存症にはならずに済みます。