エネルギーメイク(1)リラックスホルモン「セロトニン」の増やし方#1

エネルギーメイクのために重要なカギを握っているのは「セロトニン」です。

脳内ホルモンの1種であるセロトニンは、

気分がリラックスして安心した時に多く分泌されます。

ということは、セロトニンが十分に分泌されていれば、

周囲の雑音に気を摂られることなく安定した精神状態をキープでき、

ストレスをストレスと感じなくなるという理論が成り立ちます。

実際、セロトニンを増やすSSRIという薬を飲むと、イライラしないで

「まあ、いいか。何とかなるだろう」という気分になって、

周囲の見え方が変わってきます(一説によると、「美人になった気がする」という嬉しい薬)。

しかし、ストレスに対抗するために、日々セロトニンが消費されています。

ならば、使ってしまったセロトニンを増やすことで解決しましょう。

さまざまな研究により、セロトニンの分泌は一定のリズム運動の刺激を

与えると増えることがわかっています。