年齢太りに効く!「アロニア」#2

脂肪を燃焼する力が衰える原因は?

体内には脂肪を燃焼させる工場であるUCP1(熱産生たんぱく質)があります。

しかし、加齢によってUCP1が減と脂肪を燃やす力も衰えてしまうため、

自然と脂肪が増えることに。

食べる量がかわらないのに以前より太りやすくなったと感じる場合、

その原因はUCP1の減少にあると考えられるのです。

 

年齢太りを解消するには?

アロニアはバラ科の果実で、その成分にはUCP1を増やして

脂肪を燃やす働きをサポートしてくれる効果があります。

特に女性に付きやすい皮下脂肪に作用し、

その面積を減少させるという作用も。

アロニアは脂肪を優先的に燃やすので、

血糖値が下がりにくくお腹がすきにくい、

まさにダイエットの強い味方なのです。

年齢太りに効く!「アロニア」#1

燃焼系ダイエット素材といわれるアロニア。

ダイエットの成果が表れにくいと感じている方にオススメという、

その成分の秘密とは?

 

ダイエットしても効果が出ないのはなぜ?

年齢を重ねると基礎代謝が落ちるため、皮脂脂肪が燃えにくくなります。

特に女性の場合は、女性ホルモンの分泌や筋肉の衰えなども重ねて、

だんだんと脂肪がつきやくす落ちにくい状態に。

脂肪を燃焼する力も衰えるため、

しっかりとダイエットしているつもりでも、

以前に比べてその効果が出にくくなってしまうです。

よく眠れて目覚めもスッキリ夜の過ごし方#8

ご注意。ナイトキャップは眠りを妨げる!

お酒を飲むとストンと眠るに落ちることはできますが、

眠りの質は低下します。

眠りが浅くなり、熟睡感が得にくくなるうえ、

お酒の利尿作用で夜中にトイレに起きることに。

眠るための飲酒は逆に不眠の大きな原因になります。

飲み会もできれば、寝る3時間前には切り上げるのが理想。

 

眠れない夜の儀式って?

眠るまでの時間を短縮する作用があるのが、

毎晩寝る前に行う”入眠儀式”。

本を読んだり、深呼吸をしたり。

自分がリラックスできることなら何でもOKです。

ただし、頑張らなければできないことは、眠れなくなるので避けましょう。

 

よく眠れて目覚めもスッキリ夜の過ごし方#7

お風呂はぬるめで寝る1時間半前までに済ませる

ぐっすり眠るなら38〜40℃のぬるめのお風呂に、

30分ほどゆっくりつかりましょう

入浴後の15分〜1時間半の間に体温が急降下するので、

自然に深い眠りにつくことができます。

ただし、42℃を超える熱いお風呂は交感神経を刺激してしまい、

逆に眠りにくくなるので要注意。

 

いい眠りはパジャマで実現

眠りで大切なのが、カラダを締めつけないこと。

ある調査ではジャージやスウェットなど、

パジャマ以外の服で寝る人が約半数でしたが、

快眠には締めつけの少ないパジャマを着るのがオススメです。

特に秋冬は冷えが原因で眠れない人も。

暖かく吸湿性に優れたパジャマがいいですね。

 

よく眠れて目覚めもスッキリ夜の過ごし方#6

夜遅くの激しい運動はカラダが起きるので×

激しい運動をすると深部体温も上昇して、眠りにくい状態に。

しかも激しい運動は活動の神経である交感神経を優位に。

さらに、ジムなどの照明は非常に明るく、メラトニンの分泌を阻害するなど、

安眠には問題があり。

ヨガやストレッチは別ですが、激しい運動は寝る3時間前までに。

 

格段に変わる!寝室の照明にひと工夫を

寝る1〜2時間前には蛍光灯の強い明かりは消し、

ほの暗い間接照明にするのがベスト。

でも、照明器具は天井の蛍光灯しかないお家も多いですよね。

オススメは好きなところにつけられ、簡単に間接照明になるクリップライトです。

電球は温かみのある光の白熱灯か、

白熱灯色の蛍光灯やLED電球にするとリラックス効果がアップ。