食欲が抑えられない理由は、脳にあった!

「今度こそ痩せてみせる!」とダイエットを決心。

食事制限も頑張っているのに、結局、リバウンド。

こんな経験を繰り返していませんか?

実はこの失敗の繰り返しが、リバウンドの負の連鎖を生んでいるのです。

その背景には、脳が関係していると言われています。

失敗を繰り返すと「ダイエットは辛い」「また失敗したらどうしよう」と

ネガティブな想像しがちになり、その想像が次第にストレスに

そのストレスは食欲の指令に関する、脳の奥にある摂食中枢と満腹中枢にも影響します。

空腹時は摂取中枢が反応し、食事すると”お腹いっぱいになったよ”と、

満腹中枢が指令を出します。

ですが、適度のストレスが加わると、

この食欲に関する指令がうまくいかず、

「まだまだ食べたい」「我慢できない!」という状態になるのです。

そこで脳に注目し、

ダイエットに成功するポジティブ脳への切り替え方法をご紹介します。

脳にいい栄養と幸せ感をプラスすることが、

ダイエット成功への近道です!

カルシウム#2

肌荒れ知らずの揺るがない美肌を作る

カルシウムは骨を作るだけではなく、美肌にも関係が。

カルシウムは角層のすぐしての顆粒層に存在。

顆粒層のカルシウムが不足すると、

新しい肌=角層細胞がうまく作れずに、

肌のターンオーバーが乱れ、肌荒れの原因に。

たっぷりのカルシウムで美肌へ!

 

めぐりのいい美人へ!”血管美容”にカルシウム

最近話題の”血管美容”は血管の若さを保ち、

めぐりをよくすることで美肌や代謝アップを狙うモノ。

実は、カルシウムは血管美容にも重要な栄養素。

不足すると動脈を固くして、高血圧や動脈硬化の原因にも。

しっかり摂って、しなやかな血管をキープ。

カルシウム

意外な働き、発見!肩こりや筋肉痛に効果が?

カルシウムに歯筋肉の働きを高める作用があり、

筋肉をスムーズにしなやかに動かすためには不可欠。

いわば、筋肉の潤滑油的な存在です。

そのため、不足すると筋肉痛や肩こりなどの悪影響が出ることも。

最近では肩こり予防の栄養素としても注目の的。

 

眠れないと感じる夜にカルシウムのチカラを!

カルシウムには一般に、

イライラを抑える働きがあると言われます。

これは正確には脳の興奮を鎮静化させ、

精神を安定させる働きのことを指します。

ゆったりと穏やかな気持ちに導いてくれるので、

眠れない夜にミルクやチーズを摂るのはいかが?

ビタミンC#2

美肌のもと、コラーゲンを作る名パートナー

美肌のもとといわれるコラーゲンですが、

美肌に役立たせるためには、ビタミンCが重要な役割を果たします。

コラーゲン(たんぱく質の一種)と一緒にビタミンCを摂取することで、

美肌のもとになる栄養素として働くのです。

2つ一緒に、ガお約束。

 

キュッと引き締まったボディラインの作り手

質のよい筋肉を作るには、

適度な運動と共に筋肉の原料となる肉や魚、大豆などのたんぱく質の摂取も必須。

また、筋肉はコラーゲンと弾力のある線維でできているので、

たんぱく質と一緒にビタミンCを摂ると、

コラーゲンと同様にいい筋肉が育ちます。