好きなダイエット法を選んで、無理なく実行!#4

【ポイント4】あえての苦しい運動よりも「モデルウォーキング」!!

カロリー消費という意味だけでなく、

ポジティブ脳をつくるためにも運動は欠かせません。

特に、ウォーキングはセロトニンの分泌を促します。

よりダイエット効果を高めるなら、モデル気分で歩くといいでしょう。

使っている筋肉を意識して歩けば、

ウォーキングも立派な運動になるのです!

 

 

好きなダイエット法を選んで、無理なく実行!#3

【ポイント3】まずは「野菜から」など。食べる順番のルールを作る

脳の食べたい欲求を抑えるには、血糖値を急上昇させないこと。

血糖値を上げる食べ物は、スィーツやご飯、パン、麺類などの炭水化物。

炭水化物を先に食べると血糖値が乱降下し、

ムダに食べたい欲求をアップさせます。

ですが、野菜やスープを先に食べるとゆっくり血糖値が上がるので、

個の乱降下ヲ抑えられます。

好きなダイエット法を選んで、無理なく実行!#2

【プラン2】週末に食の乱れをおきかえ食でリセット

ダイエット中でも外食の予定などが入るモノです。

そんな時、1日で食べた分を帳消しにしようとすると無理がでます!

1週間を1つの単位として無理なくリセットすることが大事です。

たとえば、食べ過ぎた週の土日は、夜をおきかえ食にしましょう。

毎日無理しないやり方の方が脳にストレスを与えます。

好きなダイエット法を選んで、無理なく実行#1

ポジティブ脳に変わったら、

次はいよいよダイエットスタートです!

でも、無理な方法は禁物。

まずは、ポジティブ脳を維持しながら続けられる方法を考えて。

次のプランから好きなモノを選んで実行!

 

【プラン1】食べ過ぎさんはおきかえ食を上手に利用して!

つい食べ過ぎてしまうという人は、

脳の満腹中枢がアンバランスになっているのかも。

その状態で無理な食事制限をするとリバウンドします。

我慢ではなく、1食を栄養バランスがよくカロリー数が低いおきかえ食にチェンジ。

食べた食感はありつつも総カロリー数が低くなるので、

ストレスなしにダイエットできます。

 

ポジティブ脳は、このコツで作る!#5

リズム運動・動作を取り入れましょう

セロトニンは、リズミカルな動作にも反応して分泌が高まります。

たとえば、最も簡単なのはウォーキング。

同じリズムで歩き、そのリズムに集中するのがポイントです。

ほかには、編み物や刺繍など、

単純な動作の繰り返しもセロトニン分泌には◎。