簡単!「ちょこっと温活」の知恵(1)

ちょこっとしたことの積み重ねだから毎日の生活で簡単に実践できます。

鹿も続ければ、確実に体温がアップするものばかりです。

 

1.大きな筋肉と内臓を温めて内側からの温活を!

やみくもに着込むのは効率が悪いし、ファッション的にも悩みどころ。

そこで、筋肉が多く、太い血管が走る太ももや重要な臓器があるお腹、

血流の多い腰や二の腕、ヒップなどを温めるというポイント温活。

はらまきを使ったり、湯たんぽで太ももやお腹を温める部分ケアだけでも、

全身に暖かい血液がめぐります。

 

2.冷たいモノを控えてポカポカ体質に

まずは冷たい飲み物を避けることから開始。

最初は体温より高い温度の飲み物を心がけ、

それでも冷えるなら温かい飲み物に切り替えます。

からだを冷やすカフェインは、

飲むと冷えるという人以外は、日に2〜3倍程度は飲んでもOK。