キレイの決め手は肩甲骨!(4)

無意識に開く肩甲骨。あなたは大丈夫?

左右の肩甲骨がキュッと中央に寄った形が理想的。

骨がキュッと寄ることで自然と背筋が伸びてバストの位置も上がり、

美しい立ち姿に。

PCやスマホなどを長時間使うと、腕を常に前に出しているため、

肩甲骨が開いた状態でコリ固まり、CHECK1のような不調が出ることも。

現在の肩甲骨をCHECK2で診断しましょう。

 

肩甲骨をずらしていたもう1つの原因は全身タイツのような「筋膜」だった!

肩甲骨トラブルの原因の1つが筋膜の歪みです。

筋膜はいわば全身の筋肉を包むタイツ。

長時間猫背でいると、からだ前面の筋膜にたるみやズレが生まれ、

肩甲骨が必要以上に開いてCHECK1の不調が出ることも。

キレイの決め手は肩甲骨!(3)

CHECK2 肩甲骨の動きを診断する「簡単2ポーズ」

 

鏡の前で両腕を上げて腕の開きを見る

鏡の前で、力を入れないように注意して両腕を自然に上げます。

挙げ切ったら、耳と腕の距離を見ます。

腕が耳に付くほどよく、こぶし1個分以上、または左右不揃いに開く人はケアが必要。

 

両腕を上げた時、腕はどこの位置にある?

自然に腕を挙げ切ったら、今度は横から腕の位置を確認。

腕が耳の横まで挙げられる人は、肩甲骨が良く動き、コリがない証拠。

耳より前にしか上がらなかった人は、肩甲骨ケアがマスト!

キレイの決め手は肩甲骨!(2)

まずは肩甲骨の状態を診断。

次の2つのチェックで、肩甲骨の健全度を調べてみましょう。

 

CHECK1 姿勢が崩れて肩甲骨の位置がずれると、こんなトラブルが!

□ 人よりも猫背だと思う

□ 肩こりや偏頭痛に悩んでいる

□ 血行が悪く、からだが冷えている

□ 年齢より老けて見られることが多い

□ 以前より痩せにくくなった

□ PCやスマートフォンを長時間使う

□ 顔やからだのたるみが気になる

□ あまり運動する機会がない

□ 腕や背中、ウエストに肉がついてきた

□ 背筋をまっすぐにして座るのが辛い

 

上のチェックに1つでも当てはまるものがある人は、

肩甲骨が開いた状態になり始めているかもしれません。

2つ以上ある人は、不調がもっと出る可能性があるので

エクササイズを行いましょう。

キレイの決め手は肩甲骨!(1)

スッキリきれいな印象美人。

そんな人には、実は姿勢がいいという共通点があります。

その美姿勢の要となるのが「肩甲骨」。

「天使の羽」と称される肩甲骨の役割とケアを徹底レッスン!!

 

肩甲骨は、姿勢だけでなく体調や肌にも関係していた

肩甲骨が正しい位置にあると背筋が伸び、

背中や二の腕がすっきりシャープに、

キレイなスタイルに見えるという利点があります。

長時間のデスクワークなどで前かがみの姿勢が続くため、

肩甲骨が常に、必要以上に開いている人が急増中。

すると姿勢が悪くなり、肩こりなどの不調が出るほか、

肩甲骨の動く範囲が狭くなるために筋肉が使われずに衰えます。

そのため、脂肪がついて見た目年齢が上がったり、

肌への悪影響が出る可能性も。

まずは肩甲骨の位置の確認を!

頑張らないダイエット(3)~Day&Night

昼~夜はNEAT増量のチャンス。

コツは、いつもしている動作をちょっと意識するだけ。

できることから始めてみましょう!

 

●キレイにもなって一石二鳥。掃除を5分以上しよう

代謝量をアップさせるのに有効な習慣の1つが家事。

なかでも掃除は全身運動に近い効果があります。

掃除する時に使っている筋肉を意識すると、運動効果がさらにアップ!

 

●席に座るなんてもったいない。電車は立つ者が勝ち

忙しい人にオススメなのが電車の中でのNEATアップ。

背筋を伸ばしてお腹をギュッと引っ込めるだけでも代謝がアップし、

腹筋にも効果的です。

スマホを見ながらでもできます。

 

●エレベーターにさよなら。階段は理想の体型への近道

階段の上り下りは、下半身の筋肉をフルに使う筋トレに近い動作が期待できます。

上りが疲れてしまう人は、下りる時だけでもいいので習慣化を。

特に、下半身痩せに効果的。

 

●仕上げは寝る前の新儀式。ベッドの上で手足をバタバタ

寝る前にハードな動作は必要なし。

翌日に疲れを残さず、翌朝また代謝量がアップする状態に導く動作をプラス。

仰向けになり手足を上げてバタバタ。

むくみ予防にもなります。