カカオで”春バテ”を解消(3)

新生活の始まりによるストレスは、
食生活や体調の乱れなど、
「春バテ」の原因に。
心身ともにリラックスできる生活に、
カカオの成分が役立ちます。
春野菜、フルーツなどをベースに仕上げた
スムージーを上手に活用して、
生き生きとした春をお過ごしください。

カカオで”春バテ”を解消(2)

カカオに宿る「美のパワー」とは?

古代、「神様の食べ物」と崇められ、
19世紀のヨーロッパでは薬として、
薬剤師のいる店で売られていたというカカオ。
現在はチョコレートの原材料として知られていますが、
神経鎮静(リラックス)作用のほか、
カルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛などの
ミネラルがバランスよく含まれています。
食物繊維も豊富で、
お通じのリズムを整える作用も期待できるなど、
心とからだへのアプローチで女性をキレイにする
美容食としておススメです。

カカオで”春バテ”を解消

就職、転勤、異動など、
新生活のスタートを切る住人も多い中、
心身グッタリしている人はいませんか?

環境の変化で、
ストレスが溜まってしまっているのは、
もしかすると、”春バテ”かもしれません。
リラックス作用を持つ、カカオの美のパワーが発揮します。

カカオに含まれる「テオブロミン」という成分には、
神経を鎮静させる作用があり、
ストレスを感じている女性にはリラックス作用があります。

寒暖差や生活環境の変化から、
春はストレス過多になりがち。
そのため、不眠や頭痛、お通じに関してなどの
悩みが出やすいとも言われています。

大人肌ダメージを修復力の高いカラダにする!

アロニアを摂取することで体温が高まり、
温かい温度で反応する肌のたんぱく質が活性化。
肌のダメージが早く回復されてうるおいを保つ力が高まります。
表皮細胞の増築スピードが上がるため肌の内側が健やかな状態になり、
アロニアは乾燥による小じわなどエイジング対策に効果的。
アロニアを摂ることで
肌ダメージ修復力の高いカラダにすることができるのです。

アロニアは抗酸化作用のあるフルーツです

アロニアは、東欧など寒い地域で栽培されているフルーツの1種です。
加齢が進むと体内の活性酸素が
老化を促して肌に様々なダメージを与えますが、
アロニアに含まれるポリフェノール(アサイーの約10倍)、
特にアントシアニンには優れて抗酸化作用があり、
活性酸素の働きを抑えます。

穀物でスッキリ美人に(2)

雑穀の高い栄養価は、
ダイエットをしながらの美肌作りに役立ちます。
中でも、ハト麦は昔から漢方にも使われ、
肌荒れ防止の作用があるといわれています。
小麦ふすまやゴマ、大豆にも女性に不足しがちな栄養素がたっぷり。
シェイクを活用して雑穀を上手に摂取しましょう。

雑穀でスッキリ美人に(1)

雑穀とは、白米以外のさまざまな穀物のこと。
大豆、ハト麦、ゴマ、小麦ふすま、ヒエなどを指します。
日本では紀元前3000年ぐらい前から食用されていたとされ、
以前は一般家庭での主食でもありました。
最近になって、食物繊維やビタミンB群などの栄養価の高さから、
ダイエットはもちろん、
腸内環境をよくすることで美肌にも作用があるなど、
価値が見直されています。
肌の調子を保ちながら、
ボディバランスを整えたい人にピッタリです。

桑の葉でスリムをキープ(2)

杜仲茶エキスは脂質、グァバ葉エキスは糖質、
茶花えきすは脂質と糖質の吸収を抑える働きがあります。
糖質の吸収を抑える桑の葉エキスと
一緒に摂るのがより効率的ですが、
「運動する時間がなく、食事も不規則」という人は、
サプリメントで効率よく摂取するのがおススメです。

桑の葉でスリムをキープ!(1)

桑の葉は糖質の吸収スピードを抑えます! 日本各地に自生する「クワ科」の落葉樹。 食膳の摂取により、炭水化物などに含まれている 糖質の吸収スピードを抑える働きをもつので、 ダイエットやメダボ対策にぴったり。 体内に取り込まれた炭水化物は、 ぶどう糖に変化して血液に取り込まれます。 その際、余った糖は中性脂肪になり、 太る原因になってしまいます。 桑の葉エキスには、余った糖が中性脂肪になるのを 防ぐ働きがあるのです。